研究領域・教員紹介

小児看護学領域

“子どもが健康に生きる”を支える看護

小児看護学では、子どもが子どもらしい生活を維持・向上できるよう、子どもを取り巻く環境や社会を含めて、また子どもの生活の場である保育所や子ども園での活動や研究的な視点での関わりを通して、教育の場での学修につなげています。医療的なニーズが多くなっている保育の場での保育保健活動の提供や保育所に働く看護師のサポート体制構築に関わり、研究としても保育保健に取り組んでいます。子どもの理解を深め、少子化で子どもと関わることが少なくなった学生に子どものイメージや子どもの特徴的な看護を提供できるようにしています。

教員一覧

金城やす子(学科長・教授)

[専攻分野]
臨床看護学 生涯発達看護学、保育保健

八田早恵子(准教授)

[専攻分野]
生涯発達看護学、子ども学、公衆衛生学、特別支援教育

鯉淵乙登女(助教)

[専攻分野]
子ども学、地域看護学、生涯発達看護学、生理学一般