Faculty of Nursing Department of Nursing

Learning学びの特長

「未来志向の看護師」を養成

医療の高度化・複雑化や超高齢化・外国人患者の増加などの社会環境の変化に柔軟に対応し、より良い看護のあり方を自ら追求、実践していける看護師です。

「未来志向の看護師」を構成する3つの力

4年間の学びの流れ

1年次

専門基礎を学び、看護学のベースを作る。

看護の本質や役割、方法など、看護師としての基礎をいちから築きます。また、看護学における生物学、化学、物理学、統計学、解剖学の学びから、人体の構造や食品・薬品の基礎的な知識のほか、病態の原因や発症の成り立ち、生体に現れる反応など、あらゆる病態に関する理解も段階的に深めていきます。

1年次カリキュラム

2年次

医療現場に即した知識と技術を、演習・実習を通して磨く。

さまざまな年代の患者や疾病に対して適切に対応できるちょう、現場に即した看護技術と知識を、演習・実習を通して身につけます。また、国立病院機構7病院の院長や看護学長を招いた講義「看護の理解」で国立病院機構の役割や看護師としての使命を学ぶほか、心理学や災害時における看護活動の基礎、健康維持・増進に向けた取り組みなど、地域や技術を幅広く学んでいきます。

2年次カリキュラム

3年次

さまざまな医療現場を経験し、看護実践力を高める。

国立病院機構の病院をはじめ、関連病院での看護学実習を中心に取り組みます。実習内容は老年看護や在宅看護、小児看護母性看護など、対象となる年齢や疾病、病態が幅広く、国立病院機構の病院ならではの診療科での実習も充実しているため、専門性を高めん柄看護実践力を養うことができます。

3年次カリキュラム

4年次

これまでの学びを総括し、国家試験対策や就職活動に取り組む。

4年次ではこれまでの学びを総括しつつ、看護師としてあらゆる現場に対応できる力をさらに高めていきます。また、看護師国家試験に向けた対策授業や模擬試験と並行して、これまで経験した実習先での学びや経験を踏まえて「自分がどんな看護師になりたいか」を改めて考え、将来の方向性に合わせた就職活動に取り組みます。

4年次カリキュラム

国家試験対策

看護師国家試験合格に向けたサポート

模擬試験を1年次から実施するなど、早期から看護師国家試験を意識して学習に取り組める環境を整えています。4年次からは国家試験対策講座の授業を開講し、より本格的に合格に向けた取り組みを行い、サポートします。