Faculty of Nursing Department of Nursing

Greetingご挨拶

看護学部 学部長五十里 明

心身両面からトータルケアできる
専門的知識と技能を有する看護師を育成

看護学部は、名古屋医療センター敷地内の名城前医療キャンパスにおいて、2018年4月に定員100名で開学いたしました。

本学は、「人間教育と実学」を建学の精神に、人と心をテーマに「知と美と健康を創造する」という教育目的を掲げています。看護学部は、本学のこれらの理念を踏まえ、医療現場のニーズに応えるべく「看護実践力と看護創造力を兼ね備え、あらゆる看護の場面で豊かな看護の心と人間性、高い倫理観、人権尊重と人権擁護の立場から法令を順守し、看護専門職として科学的根拠と合理的判断の基づき、心身両面からトータルケアできる専門的知識と技能を有する看護師」の育成を目的としております。

昨年度で4年間の文部科学省の管理を終え、今後はさらに、急性期医療の中心的役割を果たす医療施設を同一敷地内に有して連携するとともに、都心部にあるキャンパスの利便性を十分活かし、看護学部教職員一丸となって、これからも学生本位の視点を踏まえて学部運営と教育の充実に努力してまいりたいと考えております。

また、2020年度に看護師養成に向けた指定規則が改正されました。そして、2022年度から新たなカリキュラムが開始されます。主な改正点は、①臨床判断能力の強化②基礎看護学領域及び地域・在宅看護学領域の充実・強化③成人・老年看護学領域の統合等であり、本学部も昨年度の申請に対して既に文部科学省の承認を頂いておりますことから、開設からの自己点検・評価を踏まえて新たなカリキュラムに対応してまいります。

学校法人 中西学園
名古屋学芸大学看護学部
学部長 五十里 明

看護学部 看護学科 学科長金城 やす子

看護実践力の育成に力を入れ、
看護学実習に重点を置いた教育

看護学部看護学科は、2018年度に名古屋学芸大学の4番目の学部として設置されました。大学の理念でもあります「人間教育と実学」を基本として、「看護実践力」と「看護創造力」の育成を視野に、実習教育に力を入れています。また、汎用性、寛容性の育成のために、教養教育科目の履修による人間性の育成も重要な教育と位置づけています。学生の主体的で創造的な学習をサポートできるように、アクティブラーニングを取り入れたり、演習科目の強化、実習前教育の環境整備にも取り組み、看護実践力の育成を進めています。

当学科は、看護師の国家試験受験資格に特化した学科として設置され、隣接する名古屋医療センターをはじめとする国立病院機構や近隣の多くの病院・施設で看護学実習を展開しています。セーフティネット医療にも取り組み、多様な看護実践を積み重ねることができるように工夫しています。

看護実践力の育成に力を入れ、看護学実習に重点を置いた教育を実践していますが、1昨年からのコロナ感染による教育への危機的な状況に対し、その対応に苦慮しています。非常事態宣言下では、実習計画の変更や施設の変更等を行いながら、できる限り臨地での実習が実践できるようにしてきました。今後も、コロナ感染状況を鑑み、実習教育に取り組んでいきたいと思います。

2022年度からのカリキュラム改正では、教育課程編成の方針として、寛容な人間性、人権尊重や人権擁護に対する高い倫理観の育成と科学的根拠に基づく臨床判断能力の育成に取り組むことにしています。

看護師として、対象に向き合い、ケアできる、真の人間力を有する看護専門職者を養成していく所存です。

学校法人 中西学園
名古屋学芸大学看護学部
学科長 金城 やす子