Faculty of Nursing Department of Nursing

Clinical Training臨地実習

国立病院機構 名古屋医療センターと連携して看護師を養成

医療の高度化・複雑化や、複数の医療職種がチームとなって医療を提供する現在の医療現場において、看護師にも高いレベルの知識・技術に基づいた主体的な行動、的確な判断が求められています。

こうした社会背景を考慮し、名古屋学芸大学 看護学部 看護学科は、独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター(旧・国立名古屋病院)と包括連携協定を締結し、医療現場と連携して講義・演習・実習を展開することで、質の高い看護師を国立病院機構 名古屋医療センターをはじめとしたさまざまな医療機関に送り出していきます。

国立病院機構について

国立病院機構は、全国に140の病院を有し、民間医療機関ではアプローチが困難な医療分野まで幅広く支える日本最大級の医療グループです。

国立病院機構の病院実施する高度な臨地実習

臨地実習は看護師をめざす学生にとって、最も重要な科目のひとつであり、「実習の質が、看護師の質を決める」とまで言われています。そこで、名古屋学芸大学は国立病院機構 名古屋医療センターをはじめ、専門分野に特徴を持つ関連病院と緊密なネットワークをつくり、臨地実習の約8割を国立病院機構の病院で実施する独自の臨地実習プログラムを整えました。早期に現場目線を養えるよう1年次から臨地実習の機会を設けるなど、豊富な実習日数を確保し、指導体制が整った環境であらゆる医療現場に活かせる“看護実践力”を磨くことができます。

主な実習先一覧

独立行政法人 国立病院機構
名古屋医療センター

独立行政法人 国立病院機構
豊橋医療センター

独立行政法人 国立病院機構
東名古屋病院

独立行政法人 国立病院機構
東尾張病院

独立行政法人 国立病院機構
長良医療センター

独立行政法人 国立病院機構
天竜病院

独立行政法人 国立病院機構
鈴鹿病院

独立行政法人 国立病院機構
国立長寿医療研究センター

現役の医師・看護師を招いた現場目線の講義を展開

1年次後期に開講される専門基礎分野の「病態治療学1~5」では国立病院機構 名古屋医療センターの各部門から医師を招いた講義を行います。医療現場で実際に起きた出来事、長年の経験に基づくエピソードなどを通じて、疾患の成り立ちと回復の促進について学びます。また、2年次後期に開講される看護学入門「看護の理解」では、実習先でもある国立病院機構の病院の院長、看護部長が教壇に立ちます。他の民間医療機関とは異なる国立病院機構だからこそ携われる医療分野の使命ややりがい、働き方などについて理解することで将来のキャリア形成を図ります。