Faculty of Nursing Department of Nursing

Policy人材育成の目標と3つの
ポリシー

人材育成の目標

看護の現象を多角的な視点で捉え、高い倫理観とともに、高度な教育・研究能力や看護実践能力のもと、様々な課題を探求することにより看護学の発展と看護の質向上に貢献できる看護専門職を育成する。

ディプロマ・ポリシー

看護学部の目的達成と社会に貢献できる看護師養成のために、具体的には次のような到達目標を掲げ、その能力を身に付けた者に学士(看護学)の学位を授与します。

  • 看護の現象を多角的な視点で捉え、高い倫理観とともに、高度な教育・研究能力や看護実践能力のもと、様々な課題を探求することにより看護学の発展と看護の質向上に貢献できる看護専門職を育成する。
  • 科学的かつ体系的な幅広い視点から看護教育をとらえ、看護を学ぶ対象への指導力を高め看護の質の向上に貢献できる教育能力を有する。
  • 専門分野の課題に対し、専門的知識と科学的根拠に基づき、高い倫理観とともに多職種との連携や協働を通じて課題解決に貢献できる高度な看護実践能力を有する。

カリキュラム・ポリシー

本学部は、厚生労働省の定める保健師助産師看護師養成施設であり、法令に適合したカリキュラムになっています。高度な看護実践者を育成するという教育目標を達成するため、教養科目、専門基礎科目、専門科目、統合科目を配置し、学生の学習進度に沿った履修を進めます。

  • 共通科目に基盤研究科目を配置し、研究のプロセスを理解し研究を推進するための能力を身に着け、特別研究ⅠⅡへと継続し、研究計画の立案遂行・論文作成に取り組み、順序性により研究能力を培う。
  • 専門科目における特論、演習により、専門分野の知見を掘り下げながら専門分野の研究課題を見出す研究能力を培う。
  • 研究の取り組みでは、学際的な視野から教育を行うために主指導教員に加え副指導教員を配置し、論文の審査においては透明性と論文の精度を高めるため審査体制を編成する。
  • 共通科目に看護実践科目を配置し、教育に関する知識と技能を養うとともに、看護関連科目により実践的かつ幅広い視点から教育への視野を広げる。
  • 専門科目における演習により、専門分野の学識を深めながら専門分野の知見を看護学教育に活用し、対象のレディネスに合わせた教育方法を探求し授業計画案を作成、実施、評価し看護の専門性に基づいた教育能力を高める。
  • 看護教育海外研修により、海外における看護教育の実際に触れ、そこで学ぶ学生との交流を深めながら、看護教育の歴史的な視点や発展の背景について考察する中で教育への探求心を培う。
  • 共通科目に看護実践科目を配置し、看護実践の基礎となる技能を高め倫理観を養うとともに、看護関連科目により看護実践を支える専門的な知識を養い実践への視野を広げる。
  • 専門科目における特論により専門分野における実践課題を掘り下げ、演習によりフィールドワークに取り組みながら看護実践を支える知識と技能を活用し高い実践能力を培う。
  • 事前・事後課題、グループワーク、グループ討議、実技演習を重ね、主体的に学ぶ方法、専門性を高める方法を取り入れる。評価は、シラバスの方法・基準に基づくが、ディプロマ・ポリシーの達成度から自己評価、授業評価、教員評価を行う。

アドミッション・ポリシー

本学部では、生命に対する畏敬の念と看護の対象を尊敬する姿勢を身につけ、対象に対して誠実で温かみのある、他者から信頼を得る人間性あふれる看護専門職の育成をめざします。看護の対象や家族に必要な援助をあらゆる角度から捉え、状況に応じて柔軟に看護実践できる「看護師」の養成をめざしています。入学を希望する人には、次のような意欲や能力を求めています。

  • 多様な研究への探求心をもって主体的に取り組み、表現できる人。
  • 看護教育への関心をもち看護の専門性に基づいた知識・技能に向き合い教育に取り組む意欲のある人。
  • 実践能力を高める意欲と科学的根拠に基づいた看護を思考し多様な人々と協働できる人。